fbpx

電動空気入れのおすすめと選び方|バイクに使ったら快適すぎた

タイヤ・ホイール

なぜ、今までポンプを上下させてたのか?と残念な気持ちになるくらい電動空気入れは、画期的なアイテムでした。

今回使用した電動空気入れと同種

電動空気入れはバイク・車・自転車すべてに使えるのか?

ワンタッチでバイクに使えて便利

バイク・車のバルブに使われている米式が標準装備されているため、付属品を使うことなく、ワンタッチで車もバイクも使うことができました。

電動空気入れの使い方

使い方は、いたって簡単。

バルブにセットする

本体から出ているコードをバルブに取り付ける。

モードを選ぶ

自動車・バイク・自転車・ボールのアイコンから選びます。

空気圧を選ぶ

標準の空気圧が表示されるので、圧力をプラスマイナスボタンで調整します。

空気を入れる

真ん中のMボタンを押すと、空気が入っていきます。規定値に達すると自動で止まります。

サイズ感

手に持つと、400g弱ほどなのでとても軽量。厚みのある昔の携帯あるいはトランシーバーと思ってもらえたら分かりやすいかもしれない。

音がうるさい?

夜中だと迷惑がかかるかもしれないが、そこまで気になる音ではない。ただ、静かでもない。原付バイクの空気入れであれば1分程度で完了してしまうので音が大きいので購入を迷う必要もないだろう。

電動空気入れの選び方

タイプC充電ができる

スマホ充電がタイプCであれば、タイプC充電できるものが兼用できて便利です。

モバイルバッテリーとして使える

旅行で、車に積んでおけば、災害時にモバイルバッテリーとして使えます。

ライトがついている

キャンプなどのアウトドアに、ライトがあると便利です。

最大出力150psi

ロードバイクの空気入れに使うなら、150psi(10.3bar)以上あるものを選びましょう。

重さ400g以下

どこかに持っていくにしても、家の倉庫に入れておくにしても、コンパクトなほうが場所を取らないのでおすすめ。付属品があるので、簡易バッグ付きのものを選びましょう。

おすすめの電動空気入れ

  • 豊富なノズル種類で車・バイク・自転車・ロードバイクなど多種対応
  • 大きなバックライト付き液晶で視野性が高い
  • タイプC充電コード付き
  • 巾着袋付きで付属品なくさない
  • 4000mAhでちょうどいい&軽量