バイクタンクの穴をPOR15タンクシーラーで補修

POR15タンク補修ビフォーアフター 外装

バイクタンクの穴をタンクシーラーPOR15で補修する方法をご紹介します。

旧車バイクを手に入れたら、すぐにコーティングすることを強くおすすめします。バイクタンクがダメになると純正品を手に入れるのが困難な車種もありますので、レア車であればあるほどタンクコーティングをしましょう。

タンク穴埋め補修の手順

  1. タンクの脱脂洗浄
  2. 花咲Gでタンク内のサビ取り
  3. 自然乾燥させる
  4. POR15タンクシーラーで穴埋めする

バイクタンクの穴

タンクを外して裏を見ている写真です。

黒いサビのような箇所が穴が空いているところと、穴は空いていないけれど、タンク内部からサビが進行してもうすぐ穴になる穴予備軍です。

このように、錆はタンクの底から発生していきます。

タンクの脱脂洗浄

バイクタンクの脱脂洗浄

キッチンにある中性洗剤を入れた後に水をタンクに入れて、洗浄します。2〜3回ほど繰り返しましょう。

花咲Gでタンク内のサビ取り

脱脂洗浄が終わったら、すぐにサビ取り作業に取り掛かります。

バイクタンクに頑固なサビがある場合は、シーラーがしっかり定着せずに浮く可能性がありますので花咲Gでサビ取りを行います。

タンクの燃料コックを外す

燃料コック・燃料ゲージ・タンクキャップ等を外します。

ガムテープで穴を塞ぐ

タンクの穴をガムテープで塞ぐ

ガムテープは、強力なものを使いましょう。100均のガムテープは、やめた方がいいです。

タンクに40〜50℃のお湯を入れる

ロート(漏斗)がない人はペットボトルで簡易ロート!

タンクに花咲Gとお湯を入れる

自然乾燥させる

花咲Gを施したあとは、水で洗い流して2〜3日自然乾燥させます。

天気の悪い日や湿気の強い日は、避けてください。

完全に乾燥しないと、シーラーが、水と反応して、金属に定着する前に硬化してしまいます。

POR15タンクシーラーで穴埋めする

POR15をかき混ぜる

POR15タンクシーラーは、容器の底に成分が固まっているので棒状のもので5分くらい撹拌してください。

POR15のフタが開かなかったので、苦労しました。

今回使用したPOR15タンクシーラーは、こちら。240mlでちょうどよかったです。

POR15は錆の上からでも大丈夫?

POR15タンクシーラーは、無気孔のコーティングが出来上がりますので、表面的なサビだけの場合は、サビ取り工程を省いて、サビの上からPOR15タンクシーラーを使っても問題はありません。(下画像は、POR15タンクシーラーの説明文)

POR15の説明文

POR15タンクシーラーは何分間タンクに入れておく?

30分間タンクをいろんな方向に傾けて、POR15がまんべんなく行き渡るようにしました。

30分間経っても、シーラーが完全に固まることはなく、少しずつ液体が移動するので、失敗することはそんなにないかと思います。

今回は、タンクシーラーの容量が少なかったのと、穴補修が必要だったので長くかかりましたが、タンクコーティングのみであれば、もう少し短い時間でもよいでしょう。

POR15乾燥時間

PORの乾燥時間は、96時間=4日間(気温22度の場合)で、完全乾燥するまではドライヤーなど強制乾燥はさせずに風通しのよい場所で自然乾燥させます。

POR15タンクシーラーのビフォーアフター

POR15タンク補修ビフォーアフター

POR15タンクシーラー1缶ほとんど使いました。すっかり穴も補修されました。