fbpx

ガソリンタンクのねじ山が潰れたらダイスで修復

外装

ねじ山が潰れたときの対処方法は、簡易的な方法もありますが、バイクのガソリンタンクのように高価で手に入らないものは、確実に治す必要があります。

今回は、ガソリンコックの雄ねじ(おねじ)がバカになった場合の修復方法を説明します。

ガソリンタンクのねじ山の修復に必要なもの

  • ダイス
  • ダイスハンドル

↓今回使ったダイスハンドルとダイス

ガソリンタンクのねじ山修復の流れ

  1. ねじ山の潰れを確認する
  2. ねじ山の外径とピッチを測る
  3. ダイスでねじ山を修復する(動画解説付き)

ガソリンタンクのねじ山修復

ねじ山の潰れを確認する

ガソリンタンク側の雄ねじか、フューエルコックの雌ねじのどちらが潰れているのか確認します。

雄ねじが潰れている場合は、ダイスで修復します。雌ねじが潰れている場合は、タップで修復します。

ガソリンタンク側の雄ねじが潰れているのがわかる

ねじ山の外径とピッチを測る

外径をノギスで測り、ピッチは、ねじ山が何mmごとにあるかをものさしを当てて1cmに何個ねじ山があるかをカウントすればよい。ピッチゲージで測るのでもよい。

車種に合ったフューエルコックを調べると、ネジ径とピッチが書いてあるので、それを参考にしてもよい。

ダイスでねじ山を修復する(動画解説付き)

上画像は、ダイスハンドルにダイスをセットしたところです。

刻印がない方を上向きにします。

ガソリンタンクのねじ山修復の手順

  1. ダイスの刻印が入っているほうを加工物(この場合は下向き)へ向けます。
  2. ダイスハンドルを水平に持ちます。
  3. 下向きに押さえ込みながらゆっくり2回転ほど回します。
  4. ダイスが食い付いたら潤滑スプレーをします。
  5. 3/4回したら、1/4戻す を繰り返します。
  6. 使い終わったらダイスに潤滑スプレーをします。