fbpx

NSR50タイヤのおすすめを徹底解説(街乗り~レースまで)

nsr50 タイヤ・ホイール

NSR50は、街乗りからレース主体まで幅広く用途がありますが、やはりスポーツ走行がメインになります。

ハイグリップタイヤの中で、タイヤの減り具合・コストを意識して選びましょう。

NSR50のタイヤサイズ

NSR50のモデルチェンジでは、タイヤ構造・サイズの変更は行われていないため、どの年式モデルでも同じタイヤサイズです。

フロントタイヤ100/90-12 48J TL
リアタイヤ120/80-12 54J TL
前後タイヤ幅扁平率タイヤ高さ荷重指数速度記号
フロント100mm90%90mm48J
リア120mm80%96mm54J

フロント荷重指数(ロードインデックス)48 = 180kg

リア荷重指数(ロードインデックス)54 = 212kg

速度記号 J = 100km/h

TL = チューブレスタイヤ

NSR50のモデルチェンジのタイヤ変更点

NSR50は、多くのデザイン・カラーリング変更を行っており、ホイールデザイン変更は、1993年の1回となっている。

1987年5月 初期型 アルミ製キャストホイール(S字断面スポーク)

nsr50

1993年2月 ホイール変更 U字断面6本スポークホイール

nsr50-1993

NSR50のフロントタイヤ(12インチ)

メーカー名をクリックすると、公式商品ページに飛びます。型式をクリックすると、Amazon販売ページに飛びます。

調査したタイヤは、全て純正タイヤよりも、対荷重/限界速度が同等または高いタイヤになっていますので安心してお選びください。

NSR50フロントタイヤ(100/90-12)

メーカー型番グリップ耐久性価格
IRCSCT-001★☆☆☆☆★★★★★5,082円
ダンロップK178★★☆☆☆★★★★☆7,300円
DURODM1107A★★★☆☆★★★☆☆4,458円
IRCMBR-750 PRO★★★☆☆★★★☆☆7,326円
ダンロップTT93GP PRO★★★★☆★★☆☆☆9,574円
ブリヂストンBT-601SS
ソフト
★★★★★★☆☆☆☆9,108円
BT-601SS
ミディアム
★★★★★★☆☆☆☆9,108円
ブリヂストンS01★★★★★
公道不可
★☆☆☆☆8,738円

BT-601SSのフロントには、コンパウンドは2種類

  • ソフト
  • ミディアム

があります。

タイヤの寿命は長いほうがいいという方は、ミディアム。寒い時期も走る方・タイヤを暖める時間がなくても安心して走りたいという方は、ソフトがおすすめ。

グリップ力が高いのは、ソフトになります。

NSR50のリアタイヤ(12インチ)

NSR50リアタイヤ(120/80-12)

メーカー型番グリップ耐久性価格
IRCSCT-001★☆☆☆☆★★★★★6,724円
DURODM1107A★★★☆☆★★★☆☆7,250円
IRCMBR-750 PRO★★★☆☆★★★☆☆9,819円
ダンロップTT93GP PRO
ソフト
★★★★☆★★☆☆☆10,371円
TT93GP PRO
ミディアムソフト
★★★★☆★★☆☆☆10,371円
TT93GP PRO
ミディアム
★★★★☆★★☆☆☆10,371円
ブリヂストンBT-601SS★★★★★★☆☆☆☆11,111円
ブリヂストンS02★★★★★
公道不可
★☆☆☆☆

TT93GP PROのリアには、コンパウンドが3種類

  • ソフト
  • ミディアムソフト
  • ミディアム

BT-601SSのリアには、コンパウンドは1種類

  • ミディアム

があります。

タイヤの寿命は長いほうがいいという方は、ミディアム。寒い時期も走る方・タイヤを暖める時間がなくても安心して走りたいという方は、ソフトがおすすめ。

グリップ力が高いのは、ソフトになります。

NSR50のおすすめタイヤNo1はBT-601SS

一度は、味わってもらいたいミニバイクレースの王道タイヤ BT-601SS。

NSR50は原付でも、本格的ロードスポーツが楽しめるマシンなので、ハイグリップタイヤで峠を走ってみてはどうでしょうか。

滑らない・こけないので初心者でもライディングが上手くなった気にさせてくれます。ただし、その代償として、消しゴムのように削れていきます。

フロントタイヤ

リアタイヤ

ハイグリップタイヤがいいけれど、もう少しコスパいいやつ

という方は、TT93GPがおすすめ。

BT-601SSよりも、7割増しで長持ちする感覚です。

TT93GPも、BT-601SSと同様にサーキットで履いている方もぼちぼちいますから、ハイグリップタイヤの中でも、上位ランクのタイヤです。

フロントタイヤ

リアタイヤ

コスパ重視でハイグリップなタイヤ

コスパもグリップもよくしたい。そんな矛盾するようなタイヤを探している方に試していただきたいのが、DUROのDM1107A。前後合わせて1万ちょっとで揃ってしまうほどのコスパです。

ダンロップのOEM(要するにダンロップ技術を扱える)も製造しているタイヤメーカーです。レースの練習用・峠やツーリングといった利用用途には十分応えてくれます。

フロントタイヤ

リアタイヤ