fbpx

シルクロードCT250(ホンダ)のスペック/適合パーツリスト/カスタム/レストア

HONDA シルクロードCT250

1981年発売 排気量 248 cc

トレッキングブームにあやかり、トレッキング+バイクでトレッキングバイクという造語でホンダが新しいカテゴリーを提案したバイク。「雄大な自然の周辺をゆったりとツーリング」をコンセプトとした。ローギアードなエンジンに太いブロックタイヤ・ストローク量の多いサスペンションで、急な斜面・ぬかるみや砂地などの悪路の走破性能を高めた。エンジンの損傷を防ぐためのスキッドプレートも装着している。オフロード車でありながらシート高は抑えられ、分厚いフワフワシートとツーリング快適性も重視されている。全体のフォルムもオンロード寄り。フワッとした乗り心地で、低速で自然を楽しみながら山道をツーリングするのにぴったりなバイクだ。カラーは、白にクリームのラインの1種類。

シルクロードCT250(1981年〜)のスペック

HONDA シルクロードCT250(型式:L250S)
発売 1981年
排気量 248cc
最大出力 20PS / 7500回転
エンジン 空冷4サイクルOHC4バルブ単気筒
タンク容量 11L
エンジンオイル容量 2.0L
当時販売価格

シルクロードCT250の適合パーツリスト

消耗品パーツリスト
プラグ
プラグレンチ
バッテリー
ヘッドライトバルブ
ポジションランプバルブ
テールライトバルブ
ウインカーバルブ
メーターライトバルブ
チェーン
純正パーツリスト
ホイールリム幅(前)
ホイールリム幅(後)
タイヤサイズ(前) 3.00-19-4PR 旧車向けタイヤ一覧
タイヤサイズ(後) 3.50-18-4PR 旧車向けタイヤ一覧
キャブレター
スロットルケーブル
フロントブレーキケーブル
クラッチケーブル
エアクリーナー

シルクロードCT250のメンテナンス

サビ取り

裏技ありのバイクホイールのサビ取り【解説動画付】