fbpx

CB500T(ホンダ)のスペック/適合パーツリスト/カスタム/レストア

CB500T

画像引用:WIKIMEDIA COMMONS

HONDA CB500T

1974年発売 排気量 498 cc

ツインエンジンのフラッグシップとなったCB500Tは、1974年に満を持して発売された。
ホンダの最大排気量はナナハンのCB750FOURに譲り、CB450Tの発展型としてあくまでもジェントルな英国車の香りがするホンダ流バーチカルツインを採用。
意外なことにCB750FOURやCB550FUORがOHCなのに対しこちらは先進的なDOHCを搭載している。
セイフティースターターはクラッチが切れた状態でないと作動しない安全設計であり、5速ミッション、フロントディスクブレーキ、オドメーターとトリップメーターそしてタコメーターも装備する豪華仕様も魅力的。

販売時期が免許制度改変と重なったことや4気筒のCB550FOURとの差別化が上手くいかずに僅か2年程度で販売終了したため、現在市場流通台数が少ない希少車だ。

CB500T(1974年〜)のスペック

HONDA CB500T(型式:CB500TE)
発売 1974年
排気量 498cc
最大出力 41PS / 8000回転
エンジン 空冷4ストロークDOHC直列2気筒
タンク容量 16L
エンジンオイル容量 2.8L
当時販売価格

CB500Tの適合パーツリスト

消耗品パーツリスト
プラグ D7ES
プラグレンチ
バッテリー
ヘッドライトバルブ 12V 50W/40W
ポジションランプバルブ
テールライトバルブ 23/8w
ウインカーバルブ
メーターライトバルブ
チェーン
純正パーツリスト
ホイールリム幅(前)
ホイールリム幅(後)
タイヤサイズ(前) 3.25-19
タイヤサイズ(後) 3.75-18
キャブレター
スロットルケーブル
フロントブレーキケーブル
クラッチケーブル
エアクリーナー

CB500Tのメンテナンス

タイヤ・ホイール

裏技ありのバイクホイールのサビ取り【解説動画付】