fbpx

GT380(スズキ)のスペック/適合パーツリスト/カスタム/レストア

  • GT380
  • GT380
  • GT380
  • GT3802

画像引用:wikipedia

SUZUKI GT380

1971年発売 排気量 371 cc

250cc2スト2気筒エンジンに1気筒をプラスして誕生したのがGT380だ。
排気量は371ccで1気筒当たりは123.6cc、ヨタハチやハチロクなどの語呂合わせが好きな日本人にはサンパチと呼びやすく親しみやすかっただろう。
2ストエンジンはピーキーなイメージが強いが、スズキのGT380は低速トルクがあり70年代の教習車にもなっていたほど。
空気を多く取り入れるために空気導入ケース(ラムエアーシステム)がヘッドに付けられたためとても大きく見えるエンジンであり、360cc軽自動車エンジンのノウハウを活かした特性だ。

スピードメーターとタコメーターの間にギヤポジションインジケーターが備わっており、スズキの400ccクラス・空冷2ストエンジンの最終モデルとなった。

GT380(1971年〜)のスペック

SUZUKI GT380(型式:GT380B)
発売 1971年
排気量 371cc
最大出力 38PS / 6500回転
エンジン 空冷2ストローク直列3気筒
タンク容量 15L
エンジンオイル容量 1.4L
当時販売価格

GT380の適合パーツリスト

消耗品パーツリスト
プラグ B7ES
プラグレンチ
バッテリー
ヘッドライトバルブ 35w/25w
ポジションランプバルブ
テールライトバルブ 23W/8V
ウインカーバルブ
メーターライトバルブ
チェーン
純正パーツリスト
ホイールリム幅(前)
ホイールリム幅(後)
タイヤサイズ(前) 3.00-19 旧車向けタイヤ一覧
タイヤサイズ(後) 3.50-18 旧車向けタイヤ一覧
キャブレター
スロットルケーブル
フロントブレーキケーブル
クラッチケーブル
エアクリーナー

GT380のメンテナンス

サビ取り

裏技ありのバイクホイールのサビ取り【解説動画付】