fbpx

GX750(ヤマハ)のスペック/適合パーツリスト/カスタム/レストア

GX750

YAMAHA GX750

1976年発売 排気量 747 cc

2スト4ストの両方においてパラレルツインに強い拘りがあったヤマハだが、ライバル達がマルチエンジンを次々とデビューさせる中で出した答えは「並列3気筒エンジン」であった。

そして、1976年にツインエンジンの力強さとマルチエンジンの滑らかかな加速を両立させたGX750をリリースし、並列4気筒エンジンが主流とされていた中で一際異彩を放った。

マフラーは3N1の集合管を採用、ヨンフォー(ホンダCB400FOUR)風の集合管も美しく、ツインともマルチとも異なるトリプルのエンジン音も独特といえる。
チェーンの代わりにシャフトドライブが使われており、メンテナンスフリーも実現した取り回しの良さも備え、フロントWディスクだけでなくリアブレーキにもディスクがあしらわれたトリプルディスクブレーキの豪華セットである。

販売面ではライバルの後塵を拝してしまうが、その心意気はMT-9といった現在のラインナップからも分かる通り、間違いなく3気筒エンジンの礎として受け継がれている。

GX750(1976年〜)のスペック

YAMAHA GX750(型式:1J7)
発売 1976年
排気量 747cc
最大出力 60PS / 8000回転
エンジン 空冷4ストロークDOHC2バルブ3気筒エンジン
タンク容量 17L
エンジンオイル容量 3.5L
当時販売価格

GX750の適合パーツリスト

消耗品パーツリスト
プラグ BP7ES
プラグレンチ
バッテリー
ヘッドライトバルブ 50W/40W
ポジションランプバルブ
テールライトバルブ 27W/8W
ウインカーバルブ
メーターライトバルブ
チェーン
純正パーツリスト
ホイールリム幅(前)
ホイールリム幅(後)
タイヤサイズ(前) 3.25-19
タイヤサイズ(後) 4.00-18
キャブレター
スロットルケーブル
フロントブレーキケーブル
クラッチケーブル
エアクリーナー

GX750のメンテナンス

タイヤ・ホイール

裏技ありのバイクホイールのサビ取り【解説動画付】