fbpx

RD250(ヤマハ)のスペック/適合パーツリスト/カスタム/レストア

RD250

YAMAHA RD250

1973年発売 排気量 247 cc

後に誕生する歴史的モデルであるヤマハRZ250の前身モデルがヤマハRD250。

現代の目から見るとぱっと見、ヤマハSR400のような外観でクラシカルな雰囲気のRD250。たっぷりサイズの肉厚シートやスポークホイール、メッキパーツを多用した外観は70年代のスポーツバイクとしてはメジャーなデザインでした。

エンジンは空冷2ストローク並列2気筒、最高出力は30馬力で当時のスポーツバイクとしては一般的ですが6段リターン式ミッションやディスクブレーキなど400ccクラスの装備を採用し人気を博しました。

70年代の2ストロークモデルらしくフル加速時の白煙(俗にいうブルースモーク)はかなりの量で路上に飛行機雲が存在しているかのようでした。1980年8月に登場したRZ250にスポーツバイクのバトンを渡し生産終了となりました。現在は2ストローク車の人気から価格は高騰しています。

RDシリーズの名前のRはレーシングを、Dは250ccクラスを表している。RDシリーズ初のクラスが250ccだったためRDとなったが、以降、RDシリーズとして各排気量で展開されることとなる。

RD250(1973年〜)のスペック

YAMAHA RD250(型式:1A4)
発売 1973年
排気量 247cc
最大出力 30PS / 7500回転
エンジン 空冷2ストローク2気筒
タンク容量 L
エンジンオイル容量 L
当時販売価格

RD250の適合パーツリスト

消耗品パーツリスト
プラグ
プラグレンチ
バッテリー
ヘッドライトバルブ
ポジションランプバルブ
テールライトバルブ
ウインカーバルブ
メーターライトバルブ
チェーン
純正パーツリスト
ホイールリム幅(前)
ホイールリム幅(後)
タイヤサイズ(前) 旧車向けタイヤ一覧
タイヤサイズ(後) 旧車向けタイヤ一覧
キャブレター
スロットルケーブル
フロントブレーキケーブル
クラッチケーブル
エアクリーナー

RD250のメンテナンス

サビ取り

裏技ありのバイクホイールのサビ取り【解説動画付】