XT500(ヤマハ)のスペック/適合パーツリスト/カスタム/レストア

XT500

画像引用:YAMAHA MOTOR HISTORY

YAMAHA XT500

1976年発売 排気量 499 cc

当時ではかなりの大型エンジンとなる500cc、しかも単気筒トレールモデルという非常に斬新な設定のバイク。70年前半は排ガス規制により、ヤマハも2ストから4ストへと移行することを余儀無くされる。1975年、ヤマハは北米向けエンデューロモデルにTT500をリリース。4ストロークオフロードモデルである。翌年、TT500に保安部品を取り付け国内外向けに発売されたのがこのXT500である。最大トルク3.9kgmを5400rpmと低回転で実現する中低速重視の取り扱いやすいマシンに仕上がっていた。4サイクルビッグシングルの存在を大いに世にアピールしたXT500は、のちにSR400/500につながっていく。ヤマハのビッグシングルと聞くとケッチンしか思い浮かばないが、このXT500もデコンプはついていたもののやはりケッチンによる打撲や怪我をする人が続出した。

XT500(1976年〜)のスペック

YAMAHA XT500(型式:)
発売 1976年
排気量 499cc
最大出力 30PS / 5800回転
エンジン 空冷4ストローク単気筒OHC2バルブ
タンク容量 8.8L
オイル容量 L

XT500(1976年〜)の適合パーツリスト

消耗品パーツリスト
プラグ
プラグレンチ
バッテリー
ヘッドライトバルブ
ポジションランプバルブ
テールライトバルブ
ウインカーバルブ
メーターライトバルブ
純正パーツリスト
ホイールリム幅(前)
ホイールリム幅(後)
タイヤサイズ(前) 3.00-21
タイヤサイズ(後) 4.00-18
キャブレター
スロットルケーブル
フロントブレーキケーブル

XT500のYoutube動画

XT500のメンテナンス

メーカーで絞り込む
HONDA | SUZUKI | KAWASAKI | YAMAHA

NOT FOUND

投稿が見つかりませんでした。