fbpx

YA-1(ヤマハ)のスペック/適合パーツリスト/カスタム/レストア

YAMAHA YA-1

1955年発売 排気量 123 cc

ヤマハ初のバイクで、驚くべきポイントが多いバイクだ。
当時、ヤマハは日本楽器という会社名で楽器の他、第二次世界大戦中はプロペラの生産を行っていた。その技術をバイクに流用したのである。

YA-1の技術者はたったの7名。しかも開発期間が6ヶ月と短期間だから信じがたい。YA-1は、ドイツの自動車/バイク製造企業であるDKW(デーカーヴェー)のRT125(1939〜1945年)をコピーして作られている。第二次世界大戦の敗北によりドイツのRT125の著作権がフリーになったため、各国でコピーされたのである。

YA-1は赤トンボと呼ばれたヤマハバイクの第一号で、この頃からヤマハらしい洗練されたデザインが至るところで確認できる。排気量は123ccで、走りは、レスポンスよく5000rpmまで伸びていく。

YA-1(1955年〜)のスペック

YAMAHA YA-1(型式:)
発売 1955年
排気量 123cc
最大出力 5.6PS / 5000回転
エンジン 空冷2サイクル単気筒ピストンバルブ
タンク容量 9L
エンジンオイル容量 L
当時販売価格 138,000円

YA-1の適合パーツリスト

消耗品パーツリスト
プラグ
プラグレンチ
バッテリー
ヘッドライトバルブ
ポジションランプバルブ
テールライトバルブ
ウインカーバルブ
メーターライトバルブ
チェーン
純正パーツリスト
ホイールリム幅(前)
ホイールリム幅(後)
タイヤサイズ(前) 2.75-19 旧車向けタイヤ一覧
タイヤサイズ(後) 2.75-19 旧車向けタイヤ一覧
キャブレター
スロットルケーブル
フロントブレーキケーブル
クラッチケーブル
エアクリーナー

YA-1のメンテナンス

サビ取り

裏技ありのバイクホイールのサビ取り【解説動画付】