YDS-1(ヤマハ)のスペック/適合パーツリスト/カスタム/レストア

YDS-1

YAMAHA YDS-1

1959年発売 排気量 246 cc

当時は、モーターサイクル業界ではレースでこそバイクの性能をアピールできると考えられていた。国内随一の舞台であった第二回浅間火山レース(1957年開催)で、YDベースのYDレーサーが1〜3位を独占した。これによりヤマハは、国産初となる本格スポーツモデルを開発することを決意。こうしてリリースされたのがYDS-1だ。エンジンは2スト並列2気筒で、分厚い鋼管ダブルクレードルに覆われた。もっともレーシーな雰囲気を持っていて特徴的なのが、高級な機械式時計を思わせるヘッドライト一体型の大型コンビネーションメーター。200km/hまで速度計が刻まれていた。オプションパーツにレース対応のためのキットが用意され、オンロード・オフロードと幅広くレースで活躍した。

YDS-1(1959年〜)のスペック

YAMAHA YDS-1(型式:)
発売 1959年
排気量 246cc
最大出力 20PS / 7500回転
エンジン 空冷2ストローク並列2気筒ピストンバルブ
タンク容量 15.5L
オイル容量 L

YDS-1(1959年〜)の適合パーツリスト

消耗品パーツリスト
プラグ
プラグレンチ
バッテリー
ヘッドライトバルブ
ポジションランプバルブ
テールライトバルブ
ウインカーバルブ
メーターライトバルブ
純正パーツリスト
ホイールリム幅(前)
ホイールリム幅(後)
タイヤサイズ(前) 3.00-18
タイヤサイズ(後) 3.00-18
キャブレター Mikuni VM20
スロットルケーブル
フロントブレーキケーブル

YDS-1のYoutube動画

YDS-1のメンテナンス

メーカーで絞り込む
HONDA | SUZUKI | KAWASAKI | YAMAHA

NOT FOUND

投稿が見つかりませんでした。