fbpx

GT50(ヤマハ)のスペック/適合パーツリスト/カスタム/レストア

YAMAHA GT50

1972年発売 排気量 49 cc

ミニトレと言われたFT50を改良し1972年に販売される。
※ミニトレは、ミニトレールの略

今では珍しくなった空冷単気筒の2ストーロークエンジンは4馬力を発生させており、低速から高回転まで楽しめる車種だといえる。扱いやすい車体と町中からダートまで軽快に走る姿は当時の若者たちを大いに楽しませたことだろう。

また何度かのマイナーチェンジもされており1977年には、GT50Ⅱとなり5速ミッションになりスポーツ性も高まった。1979年にはモノクロサスペンションも採用し、当時の50ccとしてはかなり本格的なバイクになっている。

この当時は原付ブームだったこともあり各社からいろいろな50ccの名車が発売された。今はもう見かけなくなったが元気に2サイクルが走っていたあのころを思いだしながら、再度手に入れたいバイクだ。70年代バイクにしては綺麗な中古も見つけやすいおすすめな車種である。

GT50(1972年〜)のスペック

YAMAHA GT50(型式:FT1)
発売 1972年
排気量 49cc
最大出力 4.0PS / 7000回転
エンジン 空冷2ストローク単気筒
タンク容量 L
エンジンオイル容量 L
当時販売価格

GT50の適合パーツリスト

消耗品パーツリスト
プラグ
プラグレンチ
バッテリー
ヘッドライトバルブ
ポジションランプバルブ
テールライトバルブ
ウインカーバルブ
メーターライトバルブ
チェーン
純正パーツリスト
ホイールリム幅(前)
ホイールリム幅(後)
タイヤサイズ(前) 2.50-15
タイヤサイズ(後) 2.75-14
キャブレター
スロットルケーブル
フロントブレーキケーブル
クラッチケーブル
エアクリーナー

ミニトレGT50登場

トレール初代でありながらも、すでに完成されたデザインであったDT1は、トレール=DT1 というブランドが確立されていたのであろう。その後も、DT1をそのままスケールダウンしたミニトレが人気であった。

 

FT50の後継機種として発売されたGT50のモデルチェンジ変更点は、マフラー配置が右側に変更され、DT1のデザインに近づいた。

シートは、ずんぐりむっくりで可愛らしさが強調されつつも、タックロール(ミシン目)が入ったことで立体感が増している。

足回りでは、後輪のホイールサイズが14インチとワンサイズダウンし、タイヤ幅は、2.50から2.75にサイズアップしている。これらの変更も、ずんぐりむっくりに貢献しているが、走破性・直進安定性がアップしている。

GT50Ⅱ(1977年〜)のモデルチェンジ内容

GT50Ⅱ

GT50Ⅱ

1977年発売 排気量 49 cc

マイナーチェンジの内容は以下のとおり

  • 5速ミッション
  • マフラー形状変更
  • ランプW数アップ

GT50Ⅱ(1977年〜)のスペック

GT50Ⅱ(型式:FT1)
発売 1977年
排気量 49cc
最大出力 4.0PS / 回転
エンジン 空冷2ストローク単気筒
タンク容量 L
エンジンオイル容量 L
当時販売価格

GT50Ⅱの適合パーツリスト

消耗品パーツリスト
プラグ
プラグレンチ
バッテリー
ヘッドライトバルブ
ポジションランプバルブ
テールライトバルブ
ウインカーバルブ
メーターライトバルブ
チェーン
純正パーツリスト
ホイールリム幅(前)
ホイールリム幅(後)
タイヤサイズ(前)
タイヤサイズ(後)
キャブレター
スロットルケーブル
フロントブレーキケーブル
クラッチケーブル
エアクリーナー

GT50(1979年〜)のモデルチェンジ内容

GT50

GT50

1979年発売 排気量 49 cc

GT50(1979年〜)のスペック

GT50(型式:3M7)
発売 1979年
排気量 49cc
最大出力 5.0PS / 回転
エンジン
タンク容量 L
エンジンオイル容量 L
当時販売価格

GT50の適合パーツリスト

消耗品パーツリスト
プラグ
プラグレンチ
バッテリー
ヘッドライトバルブ
ポジションランプバルブ
テールライトバルブ
ウインカーバルブ
メーターライトバルブ
チェーン
純正パーツリスト
ホイールリム幅(前)
ホイールリム幅(後)
タイヤサイズ(前)
タイヤサイズ(後)
キャブレター
スロットルケーブル
フロントブレーキケーブル
クラッチケーブル
エアクリーナー

GT50のメンテナンス

系譜

ミニトレの歴史 〜ヤマハDT1の遺伝子たち〜

タイヤ・ホイール

裏技ありのバイクホイールのサビ取り【解説動画付】