fbpx

RT1(ヤマハ)のスペック/適合パーツリスト/カスタム/レストア

YAMAHA RT1

1970年発売 排気量 351 cc

DT1の車体に360ccエンジンを載せたシリーズでもっとも排気量の大きいモデル。「トレールの王者」とも呼ばれる一方で、このサイズの単気筒だから、キックのケッチンが酷かったおかげで「ケッチン大魔王」という異名もついた。タンクのラインが黄色の初期型にはデコンプ(圧縮抜き)がなく、1970後期モデルのタンクのラインが赤色のRT1からデコンプが装着された。

RT1(1970年〜)のスペック

YAMAHA RT1(型式:)
発売 1970年
排気量 351cc
最大出力 30PS / 6000回転
エンジン 空冷2ストローク単気筒
タンク容量 9.5L
エンジンオイル容量 1.6L
当時販売価格

RT1の適合パーツリスト

消耗品パーツリスト
プラグ B8ES
プラグレンチ
バッテリー 6V-4Ah
ヘッドライトバルブ
ポジションランプバルブ
テールライトバルブ
ウインカーバルブ
メーターライトバルブ
チェーン
純正パーツリスト
ホイールリム幅(前)
ホイールリム幅(後)
タイヤサイズ(前) 3.25-19 旧車向けタイヤ一覧
タイヤサイズ(後) 4.00-18 旧車向けタイヤ一覧
キャブレター
スロットルケーブル
フロントブレーキケーブル
クラッチケーブル
エアクリーナー

RT360(1971年〜)のモデルチェンジ内容

RT360

RT360

1971年発売 排気量 351 cc

わずか1年でマイナーチェンジをしてRT360に名称が変更された。主な変更点は、エンジン・タンク形状・シート。新しいエンジンが積まれ、シリンダーは5ポートからトルクインダクションの7ポートへと変更。リードバルブ式2サイクル単気筒。車体はそのままだが、マフラーカバーに360の文字が入るようになった。

RT360(1971年〜)のスペック

RT360(型式:)
発売 1971年
排気量 351cc
最大出力 PS / 回転
エンジン 空冷2ストローク単気筒
タンク容量 9.5L
エンジンオイル容量 1.6L
当時販売価格

RT360の適合パーツリスト

消耗品パーツリスト
プラグ
プラグレンチ
バッテリー
ヘッドライトバルブ
ポジションランプバルブ
テールライトバルブ
ウインカーバルブ
メーターライトバルブ
チェーン
純正パーツリスト
ホイールリム幅(前)
ホイールリム幅(後)
タイヤサイズ(前) 3.25-19 旧車向けタイヤ一覧
タイヤサイズ(後) 4.00-18 旧車向けタイヤ一覧
キャブレター
スロットルケーブル
フロントブレーキケーブル
クラッチケーブル
エアクリーナー

RT1のメンテナンス

系譜

ミニトレの歴史 〜ヤマハDT1の遺伝子たち〜

サビ取り

裏技ありのバイクホイールのサビ取り【解説動画付】