MB50(ホンダ)のスペック/適合パーツリスト/カスタム/レストア

HONDA MB50

1979年発売 排気量 49 cc

ホンダの初の2ストロークモデルとなるMB50。
ホンダの4ストへのこだわりも2ストの波には勝てませんでした。

ヤマハRDやスズキRG50といった2スト勢に対抗すべく、CB50系4サイクルエンジンだけだった50ccクラスに2サイクル(ストローク)が参入されました。
6馬力のCB50よりもハイパワーの7馬力となっており、より過激なモデルとなっています。
見た目もユニークで、エンジンがフレームにぶら下がっているバックボーンフレームが採用されています。黒いエンジン・マフラーが引き締まった印象です。
エンジンに火を入れると2スト独特のサウンドが味わえます。やはり高回転領域が魅力で、10500rpmのレッドゾーンまで瞬時に回ります。

MB50(1979年〜)のスペック

HONDA MB50(型式:AC01)
発売 1979年
排気量 49cc
最大出力 7.0PS / 9000回転
エンジン 空冷2サイクル単気筒
タンク容量 9.0L
オイル容量 2.1L
当時販売価格 136,000円

MB50の適合パーツリスト

消耗品パーツリスト
プラグ B8HS
プラグレンチ 20.8mm
バッテリー 6N2-2A-8
ヘッドライトバルブ 6V 25/25W
ポジションランプバルブ 6V 3W
テールライトバルブ 6V 17W/5.3W(BAY15d)
ウインカーバルブ 6V 8W(BA15s)
メーターライトバルブ
チェーン 420-106L
純正パーツリスト
ホイールリム幅(前) 1.4
ホイールリム幅(後) 1.4
タイヤサイズ(前) 2.50-18-4PR
タイヤサイズ(後) 2.50-18-4PR
キャブレター PF15A
スロットルケーブル 17910-166-000
フロントブレーキケーブル 45126-166-005
クラッチケーブル 22870-166-000
エアクリーナー 17211-166-000

MB50の外観

当時の50cc原付の中では、7PSで最速。

同じホンダのCB50JXが6PS、81年に出たCB50Sでも6.3PSだった。

 

エンジン

mb50エンジン

エンジン前方にフレームを持たない独特なバックボーンフレームに斜め置きエンジンが吊られている。

 

ヘッドライト

mb50ヘッドライト

mb50ヘッドライトユニット

厚みのないヘッドライトユニットが、すっきりとした印象。

 

メーター

MB50メーター周り

四角のメーターボックスに、四角のスピードメーター・タコメーターが並ぶ。

 

左ハンドル周り

左ハンドル周り

ウィンカースイッチが、電灯スイッチのような感じで左に傾いている。

 

右ハンドル周り

右ハンドル周り

油圧式ディスクブレーキを搭載。アクセルは、シンプルな構造でメンテしやすい。

 

MB50のフレーム周り

mb50構造

長細い燃料タンクを外すと、前方にバッテリー、すぐ後ろにオイルタンク、続いてエアフィルターが配置されている。燃料タンクを外すには、シートと、前方のバッテリーカバーを外す必要があるため、メンテナンスはやや面倒。

 

MB50とMB-5の違い

MB50とMB-5と名前があり、よく間違えられる。

MB50が、1979年に発売された初期モデルで、MB-5が翌年1980年に発売された後期モデルである。

MB50の種類

MB50のパーツ構造は、初期型・後期型フラットハンドル・後期型セミハンドルの3種類に分かれている。

機種名 エンジン号機 フレーム号機
MB50z AC01E-1000045〜1039005 AC01-1000037〜1040972
MB50a-Ⅰ(フラットハンドル) AC01E-1100001〜 AC01-1100001〜
MB50a-Ⅱ(セミアップハンドル) AC01E-1100001〜 AC01-1100001〜

 

MB50タンク

ホンダ初の2ストロークロードスポーツ車として登場したMB50の初期型は、タンクに『MB-5』と書かれている。

 

mb50ハンドル

MB50初期型のハンドルは、セパハンほどではないが、前傾姿勢となるフラットハンドル。シート高が高くタンク長さもそれほど長くない。

さらには、ステップの位置も前傾姿勢の割には前にあるので、やや窮屈な印象もある。

なるほど、セミアップハンドルに変更したというのも頷ける。

 

mb50テール

MB50の後ろ姿

 

MB50が発売された翌年の1980年6月2日に、セミアップハンドルに仕様変更されたMB-5がリリースされる。

長距離ツーリングでも疲れないように、という仕様変更だ。セミアップハンドル以外には、小物入れが付いた。

MB5画像引用:ホンダ公式

後期型(MB-5)は、タンクにHONDA、シート横がMB-5とある。

 

MB50系譜

1979年4月 MB50発売

1979年6月 MT50発売

1980年2月 MB-8発売

1980年6月 MB-5発売

1982年2月 MBX50発売

1983年3月 MBX125F発売

1983年6月 MBX80 INTEGRA発売

1985年10月 MBX50F発売

 

一風変わったスタイルで登場したMB50は、ホンダ 2ストの原点として次々と発展したモデルがリリースされていく。

同年1979年には、X型バックボーンフレーム、釣鐘型エンジンをそのままにオフロード化したMT50が発売された。

mt50

MT50

MTの後継として、MTXシリーズが発売されていく。

 

MB50が発売された翌年の1980年には、ボアアップされたMB-8が登場。

78cc9.5馬力のハイパワーマシンであったが、バイク構造や特徴はMB50とほぼ変わらない。現在は、MB50よりもレア度が高くMB-8の中古は、非常に高値で取引されている。

mb8

画像引用:ホンダ公式

MB50の後継車として、コムスターホイールを継承したMBX50が登場。

mbx50

画像引用:ホンダ公式

MBX50は、水冷エンジンになったことで、7.2馬力とパワーアップされた。タンク容量は、9Lから12Lへと大型化。12V化もされ、50ccバイクにしては、大変贅沢な装備と高い質感を持っている。

他にもMBXシリーズとして、フルカウルのMBX80 INTEGRA(80cc)、フロントカウルとアンダーカウルを装備したMBX125F(125cc)、MBX50F(50cc)が登場した。

MB50レストアパーツ情報

MB50のレストア、メンテナンス、カスタムに役に立つパーツ情報をお届けします。

チェーン 106L(420サイズ)

フロントスプロケット13T(420サイズ)

キタコのフロントスプロケットがハマります。

リアスプロケット 43T(3穴) (420サイズ)41201-166-000

MB50、MB5のパーツで、もっとも苦労しそうなところがリアスプロケットの欠品。純正部品が廃盤で、KITACOや南海部品といった社外品も、廃盤になっています。

KITACOのスプロケがハマりそうで、ハマりません。

mb50とnsr50のリアスプロケットは合わない

ヤフオクで、MB、MT系のスプロケットを探す他なさそうです。

MB50は、レア車種なので、MB50系統の他車種で探してください。

MB50/MB5/MB8/MT50/MBX50/MTX50/MTX50R/MTX80R

 

キャブレターガスケットセット 16010-166-004

エギゾーストパイプガスケット 18292-KR1-680

燃料タンク

MB50の燃料タンクは、サビている個体がほとんど(100%?)で、穴が空いているか穴補修をどのようにしているかを購入する前に確認しましょう。

フューエルコック

純正パーツ番号:16950-166-005(16950-GW8-670)

ねじ径14mm ピッチ1mm

オイルタンク(オイル漏れ)

MB50オイルタンク

2ストオイルが入っているオイルタンク下部のゴムパーツ(漏斗の形をしている)が劣化してオイル漏れを起こしている場合があります。ゴムパーツを押さえるクリップと、その下のホースも要交換です。

オイルストレーナージョイント(ゴムパーツ) 55107-166-010

チューブクリップC9 2個 95002-50000

 

リアショック

mb50リアショックデータ

リアサスペンション自由長305mm 径45mm 上カラー内径12mm 下カラー内径10mm

 

mb50リアショック

リアショック上部 フレームとはやや離れているが社外品をつけるときはスプリングの位置によっては干渉する可能性もあり。

 

mb50リアショック チェーンカバーとの干渉

リアショックを変える場合、チェーンカバーに干渉しないよう径が45mm同等を選びたい。

 

リアショックの上穴が12mmなので

ダックス

シャリィ

ハンターカブ【CT125】

スーパーカブ110 PRO(JA42-1000001~)

と同じです。

長さが300mm程度だと、モンキー用がフィットするのですが、モンキーの上穴は10mmなので12mmカラーが付属しているリアショックを探すか、純正の12mmカラーを取り替えます。

MB50のメンテナンス

メーカーで絞り込む
HONDA | SUZUKI | KAWASAKI | YAMAHA
外装

バイクタンクの穴をPOR15タンクシーラーで補修

タイヤ・ホイール

ホイールをローラー手塗りで塗装してうまくいくのか?

サスペンション

純正リアサス(12mm)をモンキー用社外サス(10mm)に交換する際の注意点

ホンダMB50中古(1979年) 初期型 まもなく販売予定

本体価格(税込)
24 万円
乗り出し価格(税込)
26万円
年 式 走行距離 排気量 修復歴
1979年 13361km 50cc なし
タイヤ・ホイール

バイクのチューブタイヤ交換のやり方とコツ【1分動画付き】

マフラー

マフラーを耐熱塗装!キャンプ用バーナーで焼付(強制乾燥)

マフラー

2ストマフラーのパイプユニッシュ洗浄の欠点

マフラー

マフラーの錆落としと転換剤塗布で失敗

タイヤ・ホイール

裏技ありのバイクホイールのサビ取り【解説動画付】