fbpx

RD50(ヤマハ)のスペック/適合パーツリスト/カスタム/レストア

YAMAHA RD50

1973年発売 排気量 49 cc

ヤマハを代表する空冷2ストスポーツ車RDシリーズの原付モデル。
RD50は、FX50の後継車種にあたり、デザインや仕様はほとんど差がなく油圧式ディスクブレーキへと進化している。

エンジンはトルクインダクション方式。剛性の高いダブルクレードルフレーム、スポーツ走行に最適なリターン式5速ミッション、50ccクラスでは初の油圧式ブレーキディスクを採用と非常に贅沢な仕様となっている。

外装の特徴は、大容量8Lロングタンクにロングシート、メーターは2連とロードレーサーの面持ち。カラーリングは、シルバーダストとアイビーグリーンの2色。

RD50(1973年〜)のスペック

YAMAHA RD50(型式:)
発売 1973年
排気量 49cc
最大出力 6.3PS / 9500回転
エンジン 空冷2サイクル単気筒
タンク容量 8L
エンジンオイル容量 L
当時販売価格

RD50の適合パーツリスト

消耗品パーツリスト
プラグ B7HS
プラグレンチ 20.8mm
バッテリー
ヘッドライトバルブ
ポジションランプバルブ
テールライトバルブ
ウインカーバルブ
メーターライトバルブ
チェーン
純正パーツリスト
ホイールリム幅(前)
ホイールリム幅(後)
タイヤサイズ(前) 2.50-17-4PR
タイヤサイズ(後) 2.50-17-4PR
キャブレター VM16SH
スロットルケーブル
フロントブレーキケーブル
クラッチケーブル
エアクリーナー

RD50の系譜

RDシリーズは、長い期間販売さて、多くのモデルチェンジを繰り返し成熟されていった。RD50の中古車を探す場合、タンクのグラフィックを見ると何年モデルなのかわかりやすい。

1970年12月 FS-1

ヤマハFS1

原付クラスで6馬力を実現したハイパワー2ストマシン。アップマフラー・ロングタンク・一文字ハンドルと、前傾姿勢のスクランブラースタイル。

プレスバックボーンフレームが特徴的。

FS-1を詳しく見る

1970年12月 FS50

FS-1からマイナーチェンジ。スペックは変わらないが、カラーリング変更・一文字からセミアップハンドルの変更がされた。ヤマハは、マイナーチェンジでも車種名が変わるのでややこしい。

 

1972年5月 FX50

FSからフルモデルチェンジされ、本格的なゼロハンロードスポーツモデルへと生まれ変わった。

バックボーンだったフレームは、強固なダブルクレードルとなり、ヤマハの『トルクインダクション』システムを採用した縦型ピストンリードバルブエンジンが収められた。馬力も6.0PSから6.3PSへと向上。マフラーもアップマフラーからダウンマフラーになった。

カラーは、バージニアゴールド(オレンジ系)とバタフライブルーの2色。

 

1974年3月 RD50

FX50の後継機として、誕生したRD50は、FXのスペックやデザインを踏襲し、油圧式ブレーキが採用された。カラーリングは、シルバーダストとアイビーグリーンの2色。

 

1975年3月 RD50グラフィック変更

カラーリングはそのままに、タンクのグラフィックのみが変更された。

 

1977年2月 RD50Ⅱ

電装系・フロントフォークのインナーチューブ改良など細かなバージョンアップを行なった。

カラーリングは、シルバーダストとチャピィレッドの2色。グラフィックも変更された。

 

1978年3月 RD50

18インチタイヤへと変更された。

カラーリングは、マーカインレッドとニューホワイトの2色。

 

1978年6月 RD50SP

フルサイズ化されたRD50をベースに、7本スポークキャストホイールを履いたスペシャルモデル。角形バックミラー・角形ウィンカー・パワーレバーを搭載。

コバルトブルー、ニューパールホワイトの2色。

1978年12月 RD50 グラフィック変更

タンクのグラフィックを変更。マーカインレッドとニューホワイトの2色は同じ。

 

1980年6月 RD50 最終型

CDI点火装置を搭載。フラッシャーレンズの大型化、パワーレバー採用など細部の変更も行われた。

RD50のメンテナンス

タイヤ・ホイール

裏技ありのバイクホイールのサビ取り【解説動画付】